弊社のカビ処理は、ピュアソン社の「カビ処理革命」の薬剤・技術を取り入れております。

本ページでは「カビ処理革命」の特徴や施工のメリットついて詳しく解説いたします。

以下の解説をご覧いただければ、「カビ処理革命」が従来のカビ処理技術と比べて非常に画期的で優れた技術であることがご理解いただけるはずです。

「カビ処理革命」とは?

「カビ処理革命」とは、株式会社ピュアソンの最先端の技術によって実現した世界初の画期的なカビ処理ソリューションサービスです。

食品工場・食品スーパー・ホテル・温浴施設・病院など、多くの現場施工実績を持つ安心の最新カビ処理技術であり、これまで諦めていた付着したカビや根深いカビを安全に除去し、防カビ・抗菌を実現します。

従来のカビ処理との違い

従来のカビ対策は、従来型の塩素漂白、ボード・クロスの張り替え、防カビ塗装のいずれか、またはその組み合わせによるものがほとんどです。

しかし、それらのカビ対策には次のような問題があります。

一般的なカビ処理

ボード・クロスの張り替え

  • 張り替えで一旦はきれいになるが、根本からカビが除去されていないため、時間が経過するとカビが再発してしまう
  • 足場代・照明・スプリンクラー・セキュリティー機器などの付け外しなどにかなりのコストがかかる
  • 半日では施工が終わらず、本業の営業時間に影響が及んでしまう

水拭きor塩素漂白(殺カビ)からの防カビ塗装

  • 水拭きにより胞子を基材内部にこすりつけてしまい、再発の大きな要因となる
  • 従来のアルカリ性の遊離塩素処理では、菌糸の深部まで殺菌・漂白ができない
  • 足場が必要な場合や、殺カビ処理を行う場合のコストが高くなり、処理時・処理後の薬剤臭の問題も出てしまう
  • 防カビ塗装は素材表面を薄い塗膜1枚で阻止しているため、塗布できていない箇所やひび割れ・劣化箇所はカビを止められない

「カビ処理革命」によるカビ処理

一方で、「カビ処理革命」によるカビ処理は、これまで着目されてこなかった安全な結合塩素処理をカビ処理に応用し、従来の塩素処理剤の改良と施工方法の改善により、臭いや安全性の問題を解決しながら深部の真菌を色素まで分解・除去することに成功しました。

これに農薬成分を含まない極めて安全なMIS抗菌剤を深部まで浸透させることで、画期的な「カビ処理革命」処理を実現しています。

以下では「カビ処理革命」の施工に使用する専用薬剤4種の特長と役割についてご説明いたします。

インベーダー(菌糸に沿って深部に浸透し、じっくり殺菌・消臭)

  1. 壁面や目地などの奥まで入り込んだ真菌の菌糸にじっくりと浸透して不活化し、ストロングジェル、ブレイカー処理との相乗効果で剥離・分解能力を高めます
    従来の遊離塩素処理だけでは反応速度が早すぎて、深部に浸透する前に有効塩素が自己分解してしまい、結果として深部に菌糸を残すことになるケースがほとんど。これでは短期間でカビが再発します。
  2. 食品工場等の処理に最適な安全性
    水道法で水道水(上水)の殺菌処理にも認められている処理方法で安心です。
    通常の漂白系遊離塩素消毒と異なり、素材腐食性が極めて低く、使用箇所を選びません。
  3. バイオフィルム(スライム)に浸透して剥離除去
    通常の低濃度の遊離塩素消毒では対応できないバイオフィルムも低濃度で剥離除去できます。

ストロングジェル(強力・速攻・カビ分解・殺菌・低塩素臭・垂れないジェル)

  1. 短時間で処理を終わらせたい現場に、諦めていたひどいカビも短時間で消し去るカビ分解除去剤
    従来の塩素系殺菌漂白剤では落とせなかったカビを短時間でみるみる殺菌除去。
  2. 低塩素臭のジェルタイプで、少量を薄く塗布するだけでみるみる頑固なカビが消えていきます
    ジェル状で液垂れせず密着するので、少量の塗布で高い効果を発揮します。しかも、低塩素臭等の問題で従来の塩素系漂白剤を使えなかった箇所のカビ除去が可能になりました。

ストッパー(農薬成分不使用・安全に長期間防カビ・抗菌)

  1. 口に入っても肌に触れても安全な防カビ・抗菌成分MISが、長期間対象面に密着し、防カビ効果を維持
    これまでの防カビ剤の常識を覆す極めて安全な成分が、長期間カビを生やさない・増やさない。カビを不活化して胞子から菌糸へ育たない。菌糸が育たず胞子が生まれない新発想。
  2. 身の回りの環境で見られるほとんどの真菌に効果を発揮
    国内の建屋で見られる様々な系統の真菌52種で効果を検証済み。検証結果は学会発表も行っています。
    (フジサンケイグループのエフシージー総合研究所と、ピュアソンの共同研究として)

漂白の恐れのある箇所には、ストロングジェルの代わりにブレイカーを使用
ブレイカー(極めて安全に殺菌・消臭)

  1. 口に入っても肌に触れても安心な画期的なカビ分解剤
    通常の漂白系塩素剤と比較すると、50〜80分の1の濃度で同等以上の殺菌効果を発揮

    食品工場や医療機関・ホテルでも安心して使用できます。
    極めて安全で、人が作業している室内での気化噴霧による空間の殺菌処理にも利用されています。
  2. 食品添加物タイプは、食品の殺菌処理に使用可能
    食品衛生法に基づく食品添加物殺菌料製剤。カット野菜や食材、調理器具などの殺菌にも活躍します。
  3. 短時間に自己分解し、残渣は極微量の塩が残留するのみで、極めて安全です

「カビ処理革命」が選ばれる理由

1.特許技術

「カビ処理革命」は、長年の研究により開発された独自の特許技術です。

特許を取得しているということは、「カビ処理革命」が新発想の画期的な技術であると国からも認められている証拠であり、他のカビ処理技術と比べてより信頼性のある技術だと言えます。

2.安全な成分

「カビ処理革命」の薬剤は施工面を選ばず、檜(ヒノキ)等の木材や大理石等の石材を含むほとんどの素材に使用可能で、人や環境にやさしい薬剤を使用しています。

従来の塩素によるカビ除去の問題点(有毒塩素ガスの発生、塩素臭、残留成分の問題)を大幅に改善し、防カビ・抗菌に対する効果も従来の薬剤より強力であるため、安全性と効果の両方を兼ね備えた唯一無二の薬剤です。

3.カビの根っこの奥まで浸透処理

従来の薬剤ではできなかった”じっくり浸透処理”で、分解せずにカビの根っこまで攻撃し続けます。

カビは壁表面の胞子を分解漂白しただけでは認識できない奥深くまで菌糸を伸ばしながら増殖していきます。

「カビ処理革命」はそのような深部に残ったカビまで徹底的に除去することが可能です。

4.キレイが持続

簡単&低コストのメンテナンスを行うことで、カビが生えない環境を長期間維持できます。

殺カビ効果のある薬剤で菌糸の根本までしっかりとカビを分解し、防カビ成分MISを深くまで浸透させることにより長期間カビの再発を阻止します。

また、「カビ処理革命」は処理した空間自体を真菌にとって“生息しにくい環境”へと変化させるので、簡単なメンテナンスで長期間の防カビ・抗菌を実現します。

5.低コスト

基本的に「カビ処理革命」の施工にあたっての足場組みは不要です。

理由としては、「カビ処理革命」の施工は壁面や天井に噴霧作業とローラー塗布のみで処理できるからです。

そのため、足場組のある標準的な防カビ塗装の半分程度、ボードの張替え費用の3分の1程度のコストで殺カビ+防カビ抗菌処理が可能となっています。

6.短期間で完了

施工実績として、ほとんどの事例で3時間〜7時間で処理でき、その日のうちに作業が完了します。

施工箇所や範囲によっては営業を止めることなく処理でき、臭いの問題も大幅に改善されているため、処理後1時間程度で通常業務を開始いただけます。

– CATALOG –

「カビ処理革命」提案書・技術解説書

「カビ処理革命」

お気軽にお問い合わせください。042-759-7906受付時間 8:30 - 18:00 [ 日・祝除く ]

お問い合わせはこちら お気軽にお問い合わせください。